支払いを2カ月先に延ばせるZOZOTOWNのツケ払いは非常に便利ですよね。でも、上限の50000円まで買ったはいいけれど、支払いが間に合わないなんて自体になってませんか?

ZOZOTOWNのツケ払いを払えないと、今後ZOZOTOWNを利用できなくなります。さらに、債権回収会社から催促の手紙や電話がくるので間違いなく家族にもバレます

家族バレを避けるためには単発バイト

急ぎの出費で困った時には日雇いバイトです。1日働けば1万円になりますから、5日働けば間に合います。

募集しているバイトの数が断トツに多い「タウンワーク」や単発バイト専門のバイトサイト「ショットワークス」がおすすめです。

ZOZOTOWNのツケ払いでブラックリストに載るまで

ツケ払いが親にバレるのも困りますが、さらに困るのがブラックリストに載ってしまうことです。

実は、ZOZOTOWNの「ツケ払い」の中身はGMOペイメントの「GMO後払い」です。

GMOペイメントはクレジットカード決済代行などを行っている金融サービス会社です。あなたのかわりにZOZOTOWNに商品の代金を支払い、2カ月後にあなたから商品の代金を回収します。

ZOZOTOWNの「ツケ払い」を利用したあなたは、GMOペイメントからお金を借りているのと同じ状態なんです。

もしも代金を支払えなければ、GMOペイメントから損害遅延金(罰金のようなもの)を加算した通告書が送られてきます。(赤色かオレンジ色の封筒に入っています)

GMOペイメントから催告状が送られてきた例

弁護士事務所から通告書が送られてきた例

GMOペイメントから送られてくる場合もあれば、弁護士事務所から通告書が送られてくることもあります。

上記の弁護士法人マーシャルアーツは東京都港区の弁護士事務所です。

参考:https://www.martial-arts.jp/

このまま払わなければ訴訟となって銀行預金が差押えられます。また「この人は貸したお金を返さない人ですよ」ということで、金融機関のブラックリストに個人情報が載ります。

親にお願いしてでもブラックリストは避けるべき

ZOZOTOWNのツケ払いが上限54000円です。最終的には親が払ってくれる代金に設定されていますから、親に頭を下げてお金を貸してもらうのも良いと思います。

ブラックリストに載ってしまうのだけは絶対に避けてください。

親にお願いするのが嫌なら単発バイトでサクッ稼いで支払ってしまいましょう。